スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
コミュニケーション&コミュニケーション! 【新村 崇】
 「少人数の組織なんだからお互いのことはよく分かっているはず」というのは
 大きな誤解ですね。

 どんなに小さな組織であっても、異なる個性、異なる経験を持った人間が
 集まっているのですから、認識を共有する努力を惜しんではいけません。

 マングローブは、お客様の企業の黒子になって、変革のための「場づくり」の
 企画を行うことがありますが、当然、自分達のための「場作り」にも精を
 惜しまず取り組みます。

 先日は、2010年度下期のキックオフミーティングを開催。
 総務委員の私は、企画担当兼当日のファシリテーターでもあります。

 ちなみに、総務委員会は、部門横断のメンバーによって構成される、組織風土を
 より良いものにし、社員の幸福度を高めることをミッションとしたチーム。
 サーベイによる社内風土の診断(見える化)から、コミュニケーションの場や
 オフィス環境作り、情報共有の仕組み作り等々に取り組んでいます。

 さて、ミーティングの中身ですが、まずは、社長から、上期業績結果の共有と
 分析、理念とビジョン(会社の夢)の確認、目指すサービスの価値、下期に
 フォーカスする戦略等がメッセージされます。

 これに続き、各取締役から、同じビジョンのもとに、「もっとこうしていこう!」
 と、自分達の組織やサービスのあり方、働き方等の次の一手が語られます。

 そして、経営陣からの話の後は、「全社員参加型のセッション」。
 話を聞くだけでなく、全員で対話をする、とっても貴重な時間です。

 今回のテーマは、「上期を振り返ってのGood&More」 ここでは、
 2010年度の半年間の業務を振り返って、良かった!と思うこと、そして、
 下期はもっとこうしたい!と思うことを全員で書き出し、共有していきます。
 全員で組織の活動を振り返り、下期にもう一段上のステージに行くための
 課題感を共有し合います。

 「Good&More」というのは、マングローブが大事にしている
 キーワードの一つ。できていることや、強み、経験値などのリソースに
 フォーカスして次の一手を考えることで、組織に安心感と成長感を生み出す
 言葉です。この観点、お勧めです。

 次に、下期の目標を実現する上での、自らが考える組織におけるミッションを
 プレゼンし合います。「私はこんな風に会社に貢献したい」
 「僕はこんなチャレンジをしたい」という前向きな思いが語られます。

 個人の思いを職場のメンバーに語ることで、より行動が促進されますし、
 その思いを知り合うことで、お互いに支援し合える関係が生まれてきます。

 各自のプレゼンに対しては、参加者全員から、期待を込めた応援メッセージが
 届けられます。「その内容は素晴らしいね!」「君ならできるよ!」
 「応援するよ!」「こういう観点もあるとさらにいいね!」などなど、
 「これでOKなんだ」「こういうことも期待されているんだ」という気づきを
 得られます。

 「自分達は、○○を目指していく。そのためにこういう道筋で進む。
 そのためにそれぞれのミッションを持つ。」

 働く仲間が目指す方向に対して同じ思いであること、誰もがそれを実現する
 ために欠かせない重要なミッションを持っていること。そのシンプルなことを
 理解できることは、その会社で働く誇りにつながり、組織を強くすることに
 つながると思います。

 お客様からは、「うちの会社はコミュニケーションが不足している」という
 悩みをよく聞きますが、このような場をきっかけに、日常のコミュニケーションは
 変わってきます。状況が日々変化していく中で、コミュニケーションの質と量を
 追求することは永遠のテーマですね。
 コミュニケーション&コミュニケーション!継続が大切です。

                          (新村 崇)
スポンサーサイト
[2010/10/29 12:08] | 組織風土 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。