スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ブレていないか? 【新村 崇】
 ブレない会社は強いですね。今週、「日本ヤフーがグーグルと提携」という
 発表がありました。日本の検索シェアの9割はグーグルが握ることになるようです。
 同社の理念はよく取り上げられますが、“世界最高の検索エンジンを作り出す
 という目標に向かって先鞭を付けることに全力を傾ける”と説明があります。
 同社の理念は、きっと創業時からブレず、その成果が今に至るのでしょう。

 目指すもの(理念)を追求し続ける企業姿勢が、商品やサービスに表れている
 ことは、消費者の立場からよく実感できます。

 私事ですが、先週は東京ディズニーリゾートに行く機会がありました。
 強烈な暑さの中でしたが、入園者(ゲスト)はショーで飛び跳ね、一緒に踊り、
 キャラクターに手を振り、大盛況。日本人だけでなく、世界中(特にアジア)
 から観光客が訪れていました。ディズニーが世界中で愛され続けている
 最大の要因は、“自由でみずみずしい発想を原動力に、すばらしい夢と感動、
 ひととしての喜び、そしてやすらぎを提供します”という理念を追求し
 続けているからでしょう。ディズニーもブレていない。

 マングローブでは企業理念の構築や浸透のサポートをさせて頂いていますが、
 ブレない会社をつくるためには、まず、社長の考えがブレないことが肝心です。
 社長の原体験(価値観や信念を形成する過去の出来事)などをお聞きしながら、
 相当な時間をかけて企業理念を構築していきます。
 構築後は、社長が語り続け、従業員には、その意味を考えて話し合ってもらいます。
 同時に、理念を経営の仕組みにも落とし込んでいきます。その過程で、
 少しずつ理念が従業員に腹落ちされ、社長だけのものでなく、従業員のものにも
 なっていきます。

 先日、ある方から、経営における「不易流行」という考え方を教えて頂きました。
 世の中の変化(流行)に適応しつつも、理念は変わらず、しっかりと持ち続け
 なければならない(不易)ということ。世の中の変化が激しい時代だからこそ、
 私たちは時々、「自分は今、ブレていないだろうか?」と、問いかける必要が
 あるように思います。

 最後に、“ブレないあの人”の名言を・・・。
 ~29才の頃の自分のインタビュー映像を見せられ、感想を聞かれて~
 「今これYAZAWAが言ってると思って聞かないでください。このビデオを見た、
 あるプロデューサーが言ったとしたらね。そりゃこの人、サクセスしますよ!
 だってブレてないもん、全っ然ブレてない!」By ロックミュージシャン 矢沢永吉
スポンサーサイト
[2010/07/30 12:00] | 企業理念 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。