スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
人の心を動かすコミュニケーション 【田中 雄】
 先日ある顧客から話を受け、新しい研修プログラムを構築することとなりました。
 その話の内容とは、論理的に物事を思考し、それをベースに話し相手に伝えても、
 必ずしもその内容が相手にしっかり伝わるとは言えないのではないか?
 というものでした。逆に論理的に説明すればするほど、相手に伝わらないことが
 あるのではないかというのです。

 もう少しその話を詳しく説明すると、その担当の方が言いたいこととは、
 話し相手がいくら頭で理解していても、相手の心が動かなければ行動に繋がる
 ことはなく、全く意味がない(役に立たない)のではないかというものでした。

 担当の方曰く、最近の傾向として多くのリーダーがロジカルシンキングの名の
 もとに、相手の心を動かすことを軽視した論理重視のコミュニケーションを
 とってしまっており、話はするものの話し相手の実際の行動に結びつけられて
 いないのではないか?ということでした。

 確かに企業における教育研修という観点でみると、ロジカルシンキングや
 クリティカルシンキングは、今や必要不可欠な存在となっており、物事の
 考え方や課題抽出の方法として重要視されています。

 しかし、こと“人を動かすコミュニケーション”にフォーカスして考えてみると、
 確かに論理的思考こそが人を動かす源かというとそうとも言えないようです。

 その担当者が例に出したやり取りとして、受験を控えた子供とその親との
 コミュニケーションを話してくれました。その話とは、親は子供に勉強を
 させるべく、「なぜあなたは勉強をしないのか?」「あなたは将来どんなことを
 したいのか?」「どんな仕事につきたいのか?」「今、勉強しないと将来やりたい
 仕事に就けない」「後で後悔しても遅い」「勉強できるのは今しかない」など、
 もっともなことを言うのですが、この会話の結果として、結局子供が勉強する
 という行動には結びつかず、それどころかどんどん勉強が嫌になってしまう
 という話でした。
 このようなコミュニケーションは、誰もが一度は経験のあるコミュニケーション
 だと思います。

 もし、本当に子供に勉強をさせたいのであれば、少し遠回りであっても、子供が
 勉強に興味を持つように促し、“気が付いたら少しずつでも始めていた”という
 状況をつくるのが100の理屈を言うよりも良い方法なのではないかというものでした。

 今回はこの話をもとに、「人の心を動かすコミュニケーションとは、」という
 ことをテーマに「心を動かす7つのステップ」というプログラムを担当の方と
 共に構築し、先月その研修を実施しました。現場を熟知した担当者の方が課題に
 感じていただけたり、受講者の方々の日常の課題ともマッチした、とても効果的で
 学びの多い場となりました。

 先日ある本を読んでいると、この問題と関連することが書かれていた本が
 ありました。その内容とは、論理的思考により課題を抽出するのは大切であるが、
 論理的に課題を抽出し解決される問題とはシステムや機械における欠点であり、
 感情のある人に対しては必ずしも適した方法ではないというニュアンスのものでした。

 論理的に物事を考える力はとても重要であり、本質的な課題やその対応策を
 導き出すには必要不可欠なことであることに間違いはないと思います。
 しかし、それをそのままダイレクトに言葉にして表現しても、人の心は動かず、
 結果として行動に結びつかないことがあることを組織のリーダーや管理職者は
 しっかり認識する必要があるのかもしれません。
スポンサーサイト
[2010/11/12 11:30] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
経営の同志をつくる第一歩  【新村 崇】
 先週、いくつかの企業の社長と、組織の課題についてミーティングを行う
 機会がありました。収益回復のための組織力強化、事業再生時のビジョン共有、
 組織の風土改革・・・。

 様々なテーマで問題点や解決策のディスカッションを行っていたのですが、
 話をお伺いしていくと、社長がもつ共通のある悩みが浮かび上がります。

 それは、「戦略を打ち出して様々な課題に手を打っているのだが、肝心な、
 従業員の共感を得て、気持ちを一つすることが難しい・・・」ということです。

 従業員に対して繰り返し話をしても、社長の考えや想いへの理解がなかなか
 得られないと、従業員との心の乖離を問題にされているケースは少なくありま
 せん。また、この問題は、特に経営幹部に対して向けられることが多いのが
 実態です。

 「厳しい時こそ、共に乗り越えていく経営の同志と思える仲間が欲しい」と
 いうのが本音のところ。しかし、社長の意思への共感を得るためのコミュニ
 ケーションは、そう簡単なことではないことを感じます。

 私たちが、社長への共感を高め、経営の同志を育むために行っている施策の
 例を一つご紹介します。

 あるビル設備管理のお客様では、社長の社会人としてのキャリア、創業の背景、
 従業員や会社への想い、そして将来の夢など、あらゆる角度からインタビュー
 を行い、まとめた『社長の物語』小冊子を制作し、それを教材に幹部研修を
 行っています。

 <研修の概要>
 1.『社長の物語』小冊子を幹部全員で熟読し、社長の「人となり」
   「バックボーン」「夢」等を知る。
 2.「社長の考え方で共感する部分」「社長が幹部に期待していること」
   「社長への疑問」について各々が自分の考えをまとめる。
 3.幹部同士で、議論を行い、各自が考えた内容をすり合わせる。
 4.3の内容を発表し、それに対して社長から率直なコメントをしながら
   全体議論を行い、社長への理解を深めながら、経営について語り合う。

 ※研修の詳しい内容はコチラからご覧いただけます

 研修を行うためには、社長の自己開示、コミュニケーションをスムーズに
 行うプログラムが必要となりますが、研修後には、経営方針への理解や共感が
 高まり、経営チームとしての一体感が育まれるという効果があります。

 組織を変えたい時、経営の厳しい時こそ、社長の考えを知るというコミュニ
 ケーションに時間とエネルギーをかけることが重要ではないでしょうか。
 このようなプロセスが経営の同志を育成する第一歩となると考えます。
[2010/05/07 14:30] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。